RHEL8のISOイメージ(rhel-8.4-x86_64-dvd.iso)をダウンロードして「Oracle VM VirtualBox」の仮想環境で

インストールを行った手順を記録しておく。

(個人開発者は、Red Hat Developer Programに参加することで1年間のサブスクリプションを無償で入手できる。)

インストール後に、Ansible Towerを導入し、ダッシュボードでの一元管理機能を体感してみる。

 

 

Red Hat Developer サイトにアクセスする。(https://developers.redhat.com/

 

 

RedHatアカウントを取得済みの場合、右上、[log in]からユーザ名、パスワードを入力し認証を受ける。

アカウント未登録の場合は、ユーザ情報を入力して、アカウントを作成する。

 

 

 

 Red Hat Developer サイトにログインできたら一覧 から「 Linux 」を選ぶ。

 

 

 

RHEL8のISOイメージ(rhel-8.4-x86_64-dvd.iso)をダウンロードする。

 

 

  「Oracle VM VirtualBox」を起動し、[新規]を選択し、ダウンロードしたrhel-8.4-x86_64-dvd.isoを指定する。

  

 

 

root、及びユーザのパスワードを指定し、インストールを進める。

 

 

 

インストール完了後、再起動後に初期セットアップウィザードが自動起動するので必要項目を入力する。

 

 

 

 

 

登録したRedHatアカウント情報を入力する。

 

 

 

 

 

 

 

[完了]をクリックして再起動する。

 

 

 

 

再起動後、ユーザ名をクリックし、指定したパスワードを入力してログインする。

 

 

 以上